日本ハムというチームの素晴らしさと阪神というチームの深刻さについて

今年のプロ野球はセ・パ共に面白いですね。

両リーグとも前評判の高かったチームが下位に沈み(故障者の影響などで同情できる部分はあるが)、一方でDeNA日本ハムといったチームが頑張っています。

両チームに共通して言えるのは、若手が躍動しているという事。

特に日ハム。浅間がこんなに早く1軍に出てくる事も驚きだし、数日前に(上沢が先発した日だったかな)少し興味があって計算してみたんですよ。日ハムの日本人選手のスタメンって何歳なんだろうって。

そしたら、なんと24歳ですよ。しかもこの日は大谷翔平が出ていなかったし、36歳の田中賢介を含めての年齢ですからね。

このチームの育成力と編成力は素晴らしいと改めて思います。

私がドラフトやアマチュア選手の情報を知りたい時に、どんな雑誌やメディアよりも「蔵建て男」さんの情報を信頼しているのですが、彼は日ハムのドラフトについてこんな趣旨の事を記していました。

「このチームのドラフトが素晴らしいのは、下位指名であってもスケールダウンした選手に走らず、高い潜在能力を秘めた選手を指名する事だ。それによって上手く育成出来た場合には、上位指名選手と変わらぬ活躍を期待する事が出来る」と。

スカウトの眼力、ファームの育成力、そしてそれを活用する1軍の首脳陣。

今の日ハムはプロ野球チームの理想を具現化したチームであると思います。

 

閑話休題

 

前述した「前評判は高かったけど下位に沈んでいるチーム」としては、セリーグなら阪神、広島、パリーグならオリックスがあげられると思います。

この中で、最も深刻なのは間違いなく阪神でしょう(5/11の時点で、5位広島に1.5ゲーム差の単独最下位)。なぜなら阪神は開幕から目立った故障者もなく、ほぼベストメンバーで戦いながら現在の成績なのです。

 要は、劇的な変化が起きない限り「最も戦力的な上積みが期待し辛いチーム」であるわけです。

当然ファンの鬱憤も溜まりに溜まり、現場の責任を問う声、特に「和田監督は辞めるべきではないか?」という声が日に日に大きくなっているように思います。

さて和田監督は辞めるべきなのか?

私は、辞めるべきだと思います。

そう考える理由は2つあります。

1つ目は、上記のように「ほぼベストメンバーで戦いながら現在の成績である」ということ。

2つ目は、むしろこちらの理由が主なのですが「選手の起用法に一貫性がない」ということ。

私が特に気になるのは若手の使い方です。

今年は、センターを担う予定だった大和選手が極度の打撃不振で(秋季キャンプでショートをやらされたり彼にも同情できる部分は大いにあるのですが)センターのポジションに競争が生まれました。

これまで首脳陣は主に相手が右投手の時は伊藤隼選手を使い、左投手の時は江越選手や俊介選手が起用されてきました。

これ自体は特別悪い事だとは思いません。ただ石頭だなあとは思っていましたが。

例えば今季、マートン選手が打撃の調子がなかなか上がらないうえに、守備面での怠慢さ等も指摘されていました。

私が監督なら、気分転換をさせる意味、お灸を据える意味、両方を兼ねてもっと早くマートン選手をスタメンから外していたと思います。

はっきり言って今のマートン選手の状態なら変わりに6番レフトに伊藤隼選手を使っても全く問題ない。むしろセンターの時より守備の負担が減って、打撃にも好影響が出るかもしれません。

でも和田監督は頑なにマートン選手はスタメンから外さず、おまけに伊藤隼選手がホームランを放った翌日さえも相手投手の左右に応じたセンターの使い分けを崩さなかったのです。

ところが昨日(5/10対広島戦)とうとうマートン選手をスタメンから外しました。やっとという感じですが、この決断自体は支持したい。

残念だったのはマートンの代わりに起用されたのは新井良太選手だったことです。

おまけに、広島の先発が右の福井投手であるにも関わらず、今度はセンターに大和選手が起用されていました。

私は心底失望しました。他球団のファンですが怒りさえ覚えました。

今まで頑固なまでに左右にこだわって選手を使い分けしてきたのはなんだったのか?

HRを打った翌日さえスタメンを外された伊藤隼を今度は使わず、本職が外野手ですらない新井良太に先にチャンスを与えるとはどういうつもりなのか?

 

ふざけるなと言いたい。

 

昨日のスタメンに阪神の若手が育たない象徴を見た気がしましたし、同時に和田監督の力量の限界も見えた気がしました。

少なくとも近年のドラフトに関しては、阪神は以前ほど悪くありません。むしろ2012年の1位藤浪2位北條や2014年の2位石崎3位江越あたりの指名は他球団のファンからも羨まれていたぐらいです。

すなわち、阪神の今の若手は素質自体は決して悪くない選手が揃っています。

その選手たちを上手く活用できない、やる気を殺ぐような起用法しか出来ない監督は、一プロ野球ファンとして即刻辞めていただきたいと思う次第です。