読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

映画

f:id:sei1ies:20160519201401j:plain

 

あらすじ

アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼(しんかん)させるテロ事件が起きてしまう。

 

 

 

70点

 

 

 

マーベル作品に関して言えば、熱烈なファンでは無いけれど好意的な立場。原作は読んだ事無いけれど、映画化された作品は一通り見たかな、というぐらいのファンです。(ちなみに一番好きなのは「アベンジャーズ」か「キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー」)

なんですが、今作はMCU関連作品で一番のれなかったかもしれないです。

 

 

端的に言えば「長いしゴチャゴチャしすぎ」

 

キャプテン・アメリカ』のシリーズは基本的にシリアスな感じの作りになってますよね。またそれが、朴訥でマッチョなキャラを演じるクリス・エヴァンスとも非常に良いハーモニーになっているのが魅力の一つ。ところが、そこに参加してくる他のキャラとシリアスな作りの食い合わせが宜しくない、というのがまず一点。

 

ただでさえマーベルのオールスター戦になっていて交通整理が大変であるにも関わらず、更に新キャラのブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)が加わるというね・・

この作品の最大の見せ場である空港でのバトルシーン。ここは多少なりともMCU作品に思い入れのある人なら、誰しもが誰かに感情移入をしてしまう場面じゃないですか!ところが、ブラックパンサーは場違い感というか「お前ジャマだよ!」という感情が拭えない。

 

f:id:sei1ies:20160519204253j:plain

良いシーンなのにほんと勿体無い!ていうかお前が一番大きく映るなよ。

 

 

細かいところをあげると、国連が襲われたシーンの映像があんな簡単に偽装されてる(しかも誰もそれを見破れない)というのもご都合主義だし、それを見破ったところでトニー・スタークには今更感しかないし(もっと早くキャップの話に耳を傾けろや)、肝心のトニーも親の死の現実を突きつけられて大義なんてどうでもよくなっちゃうし、アベンジャーズ分裂の原因となるような法案に賛同していた政府の連中は一切反省する様子も無いというね。

なんだかなあ。非常にフラストレーションのたまる作品でしたよ。

 

これまでのMCU関連作品は一本でも十分満足できる完成度(起承転結)だったと思うんですが、今回はブラックパンサーの登場のさせ方といい締め方といい、あまりにも続編ありきが前面に出すぎているんじゃないでしょうか。

 

 途中、ブラックパンサーがジモ(ダニエル・ブリュール)を追い詰めて「お前は復讐だけが目的か。俺はそういう空しいのは止めることにした。」ってな事を勿体つけて言うんですが、その言葉そのままアメリカの前大統領と軍需産業を牛耳っている連中に言ってやれよ!っていうね。

 

なにより、ウィンター・ソルジャーはヒドラのスパイがシールド内にいるっていう話だったし、エイジ・オブ・ウルトロンは「お前らが蒔いた種じゃん」感があったとはいえ、人工知能から人類を守る(ように見える)という点で物語の推進力があった。

 

それに比べ今回は、とにかく動機がショボすぎる。

結局突き詰めていくと、主要人物が戦う理由は、自分の周りの人が殺されたから(守りたいから)って事から一歩もはみ出ない。うん、それは貴方達同士で話し合って解決してもらえませんかね?

 

 

決して駄作だとは思わないんですが、期待してただけに残念感の方が強いです。あれだけ思わせぶりな台詞使った割に結局ハルクが出てこないのもスピンオフや続編のことを色々と考えてなんでしょうが、こういう切り売り商法にもそろそろ飽きてきたかなあという感じですかね。

 

まあMCUの作品はこれからも見に行くと思いますけど、今の主要メンバーが揃って活躍する作品は残り少ないでしょうから(インフィニティ・ウォーで最後なのかな?)、続編には期待したいところ。土台は確かなんだから、しっかりと上積みを完成させてほしいです!