読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ハドソン川の奇跡』

映画

f:id:sei1ies:20160929234519j:plain

 

ストーリー:2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

 

 

85点

 

 

この作品に足を運ぶ多くの人が、どういう事故でどのような結末を迎えるのかということを予め知っているわけで、だからこそ「事故以外のシーンの描き方」そして「事故のシーンをいかに織り込むか」という2点に注目していたのですが、殆ど完璧な作品と言っていいんじゃないでしょうか。

 

まず良かったのは、機長であるサリー(トム・ハンクス)を最初から英雄然として描かなかったこと。むしろ前半は、事故の後遺症から数々の幻想を見てしまったり、住宅ローンを抱えたまま投資も上手くいっていない現状など、彼の負の部分が少しずつ明らかに。だからこそ「この人、実はヤバいんじゃないの?」と観客も疑念を抱くようになる。

 

そういう前半部があったからこそ「実際の現場で彼がどのように振舞ったか」という真実が描かれるクライマックスで、プロとしての見事な仕事ぶりに感動すると共に、一瞬とはいえ彼に疑惑の目を向けてしまったことを反省・贖罪する。まさに、事件を追及していた国家運輸安全委員会の人々がそうであったように。

 

物語の肝ともいえる事故のシーンは、クライマックスも含め計3度使われるが(合ってるよね?)いずれも着眼点を変え、少しずつ濃度を高めていくことによって観客は毎回新たな発見に気づく。だからこそ結末が分かっているにも関わらず、何度見ても臨場感が損なわれない見事な演出。

 

ただこの作品を見て、むしろ事故以外の点について色々と考えさせられた。

ある日を境に好奇の目に晒される事になる人々の苦悩、9.11と飛行機事故というアメリカ人の心に残るトラウマ、リーマンショックによる不景気や大量失業という閉塞感のためにサリーが崇め奉られるという現実、そしてプロの仕事とはどうあるべきかということ。

 

パイロットに限らず専門職に従事する人々には、経験を重ねてきた者にしかわからない感覚や感性が必ずあるはずで「理論的にはこうだ」とか「理屈としてはこの選択が正しい」と主張する現場を知らない人々との対立(結果として理論的にもサリーが正しかったわけだけど)。その一方で飛行機事故の殆どは技術的ミスではなく判断ミスという統計があるように、どれだけ経験を重ねても「咄嗟に正確な判断を下す」のが如何に難しいか。この事故は、機長がサリーであったこと、たまたまそこに大きな川があったこと、NYのど真ん中という直ぐに救助に駆けつけてもらえる環境だったこと・・幾つもの偶然が重なった結果=まさに奇跡なんですねえ。

 

観る前は「こんな題材で96分ももつのか?」と疑問でしたが、観賞後は「これだけ濃密なテーマをよく96分で纏めたなあ」とちょっと感動しました。こういう体験があるから映画を観るって止められないんですよね。むしろ隙が無さ過ぎてつまらないとすら思えるという、何がなにやらの結論で終わりたいと思います。

 

 

オシマイ