読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』

映画

f:id:sei1ies:20161203091144j:plain

あらすじ:アメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったものの、今では街から街へとあてもなくさまよう生活を送っているジャック・リーチャー(トム・クルーズ)。ある店でトラブルに見舞われた上に保安官に連行されそうになった彼は、自分をめぐる何かしらの陰謀が動きだしているのを察知する。やがて彼は、元同僚であったターナー少佐(コビー・スマルダーズ)を訪ねるが、彼女がスパイ容疑を掛けられて逮捕されたことを知る。ターナーを救い出して共に事態の真相を追ううちに、軍内部に不穏な動きのあることをつかむが……。

 

 

60点

 

 

「わかってねえなあ・・」

 

前作「アウトロー」はシリーズ導入作にしてトム・クルーズの生身のアクションを中心に様々な要素をバランスよく詰め込んだ良作でした。だから楽しみにしてたんですよ、今作も。

 

前作で良かった点を軽く振り返っておくと

①OPシーンの吸引力

②敵味方関係なく登場人物が魅力的

③シリアスな中にも散りばめられた笑いの要素

④クライマックスの採石場でのアクションシーンの迫力

ロザムンド・パイクのお○ぱい

 

改めて振り返ってみると今作は「何も引き継げてないやん・・」と呆然としますよね。

まず①

前作は物語の推進力を生み、かつ伏線の回収にも繋がる見事な狙撃シーンだったのに、今作のOPは普通にジャック・リーチャーが登場。しかもアクションを見せるわけでもなく、かといって処罰される連中が犯した悪業の光景が再現されるわけでもなく、ただ彼の予言通りに話が進むというだけのシーン。

いやいや違うでしょう。道端に人が倒れているところに保安官が到着。身元を調べていると近くの公衆電話に電話がかかってくる。相手はリーチャー。そこで予言めいた事が伝えられる。でいいじゃない。

前作を見た人なら彼の戦闘力の高さは分かりきっているわけだし、未見の人には彼が流れ者である事を伝えないといけない。どちらにとっても無駄なシーン。このOPは本当にダメだと思いますね。

 

そして②

ゼック(ヴェルナー・ヘルツォーク)のラスボス感、キャッシュ(ロバート・デュヴァル)のナイスすぎるキャラと印象深かった前作。

f:id:sei1ies:20161203114712j:plain

今見ても迫力ありすぎのゼック。指が無い理由なんかも含めて怖すぎた。

 

ところが今作は敵組織のボス、ハークネス(ロバート・ネッパー)は全然怖そうに見えないし、あそこまで追い詰めておいてロケットランチャーの中身を確認しないとかターナーコビー・スマルダーズ)はバカだとしか思えないし、なによりヒステリックなサマンサ(ダニカ・ヤロシュ)には本当イライラさせられた。

 

④のクライマックスにも通ずる事だが、前作で良かったのは「プロとプロとの戦い」だったこと。物語の推進力を殺ぐような無能な人物が出てこない(出てきてもそういう人間はすぐに処分される)。ところが今作はサマンサの存在が邪魔すぎ。彼女が忠告を無視してメールを送ったりクレカを使ったり、その尻拭いをリーチャー達がさせられるという展開。リーチャーとサマンサが本当の親子かどうか確かめ合うようなシーンも「こういうウェットさが無いのが前作の良さだったのになあ・・」と残念に思ったり。これじゃまるでジャック・リーチャーというより96時間じゃないか。

 

とはいっても、やっぱりトム・クルーズの迫力あるアクションは良かったし、相棒のコビー・スマルダーズもアクションシーンは頑張っていたと思うし、なによりお互い孤独な存在のリーチャーとサマンサが心を通わせるラストはちょっとグッときてしまったのも事実。

 

まあトム・クルーズ主演のアクション映画としてそれなりの満足感は得られる出来だとは思います。私は断然前作の方が好みですが。何より不満だったのは前作でおっ○い大サービスだったロザムンド・パイクが出てこなかったことという、残念すぎる結論で終わりたいと思います。

 

 

オシマイ。