読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバイバルファミリー【時間と金のムダ】

映画

f:id:sei1ies:20170224162242j:plain

あらすじ鈴木家は、父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。ある朝、目を覚ますと突然全ての電化製品が停止しており、鈴木家だけでなく近所中で同じことが起きていた。さらに電車も車もガスも水道も止まってしまい、家族全員途方に暮れる。そこで義之は、東京から出ようと決断し……。

 

 

0点

 

 

たとえば「大作なのに脚本が雑」とか「キャストは豪華なのに演出が下手」とか「原作への愛が感じられない」とか、不快に感じる映画の代表的な要素っていくつかあると思う。私も劇場でついイライラしながら見てしまうこともある。でもこの作品の不快さは、心底どうでもいい話を延々と見せつけられる感じ。a.k.a.拷問

 

まずお話の大前提、「大変だ、停電だー」って通電しないだけならわかるけど、目覚まし、携帯、PC、車、もろもろが一切動かないのは、停電じゃなくて怪奇現象です。まずその事に驚け。焦れ。

 

おまけになになに?水道はチョロチョロなら出るっぽい、ガスコンロは普通には着火出来ないけどライターを使えば使用可能、、えーと何が出来て何が出来ないのかはっきりさせてもらえませんかね。

 

そもそもこれは東京近郊だけの話なの?どこまでいけばセーフなの?神奈川はダメなの?じゃあ静岡は?ってか緊急事態なのに警察とか行政とか自衛隊とかもう少し何とかしろよ。街中が野放しっておかしいだろ。

 

んで、家族で鹿児島に向かう途中に立ち寄った米屋?金目のものと物々交換で米を貰いにきてた人が沢山いましたけど、きみたち炊飯器使えないのにどうやって生米食うの?本当に重宝されるべきはカロリーメイトじゃないの?

 

一事が万事この調子で、どうでもいい要素、どうでもいい場面がただひたすら、ただひたすらに羅列されていくんですよ。

 

さらにこの映画が悪質なのは、臨場感を出すためか知らないけど手持ちカメラ風の撮影で画面がグラグラグラグラしちゃって、もう高速道路を一家で走行するあたりで気持ち悪くなっちゃって、酸っぱいよこっちは。というか下らないシーンの撮影のために高速道路貸し切ってるんじゃねえよ。同じハイウェイ占拠物の『ラ・ラ・ランド』の爪の垢を煎じて飲ませてもらいなさい。その買い占めた水で。

 

こんな二本が同じ値段で公開されていることにビックリする。と感じるほどラ・ラ・ランドは素晴らしかったのだけど、それはまた別のお話。悪い事は言わない、みんなでラ・ラ・ランド見ましょ。楽しいから。

 

 

オシマイ