チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

f:id:sei1ies:20170317213138j:plain

 

あらすじ:友永ひかり(広瀬すず)は、県立福井中央高校に入学する。中学からの同級生である山下孝介(真剣佑)を応援したいと思った彼女は、チアダンス部に入る。だが彼女を待ち構えていたのは、アメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師・早乙女薫の厳しい指導と練習だった。先輩たちが次々と辞めていく中、同級生のチームメート玉置彩乃(中条あやみ)と切磋(せっさ)琢磨しながらチアダンスに打ち込むひかり。チームは一丸となってトップを目指していくが……。

 

 

75点

 

 

映画としての完成度としてはどうなのよ?とは思う。特に演出の拙さは目立つ作品。でも「細かい事はどうでもいい、だってみんなこんなに頑張ったんだから!」と最終的には登場人物全員の幸せを願わずにはいられない、エネルギーと愛に満ち溢れた一本でしたよ。

 

広瀬すずが出来る子だってのは『海街diary』『ちはやふる』でも分っていたつもりなんですけど、本作も輪をかけて素晴らしい。なに?可愛くて演技が上手いうえに、踊れて面白いのあなた?って感じで、どこまでいっちゃうんでしょうかこの人は。

 

決して才能が傑出しているわけではないけど、存在だけで周りを明るく照らせる存在のひかり。でも明るくふるまう彼女にも悩みがあって周囲にも気を遣っていて・・。ケガで全国大会のメンバーを外れながらも当日仲間を励まし送り出したあと、思わず見せる悔し涙。

 

そうだよね、やっぱり立ちたかったよねあの舞台。

人知れず努力を重ねてどうにか間に合ったアメリカでの本番。「ケガで落ち込んだ時期もありました。でも頑張ったお陰で報われました」なら、よくある青春ドラマだねはいはいで終わり。でも「JETSがそして自分自身が一回り大きくなるために自分の資質に向き合う」という展開にグッときちゃいましてね。

 

今まで俯瞰的に組織を調和するという立場だったひかりが、行動で引っ張ってきた彩乃の立場になって初めてわかる重圧や責任。そして逆の立場になった彩乃がひかりを支える姿。踊り終わったあと、ひかりの「見えちゃった・・」で私はもう涙腺決壊。

そして一番重要な舞台で主役を譲る事になった彩乃がその後、悔しさを力に変えて自身の夢を叶えるという未来も付記しておかなくてはなりません。

 

最初の30分ぐらいは「かったるいなあ」と思ってたんです。ギャクはスベってるし演出は大仰だし。でも仲間が一度バラバラになってから、一人ひとりの家庭事情が明らかになっていく→逆境を乗り越えて再結成の流れがとても良くてね。。

私も高校まで「ど」が付くほどの田舎で育ったのでよくわかるんですけど、地方都市独特の閉塞感とか都会からきたエリートの子息を素直に受け入れられない感覚とか遊ぶったって逃げ道はカラオケぐらいしかない!とかね。

そういう要素を乗り越えてメンバーが一致団結していく様子は、ほんと他人事とは思えなくて大好物でした。

 

f:id:sei1ies:20170318074528j:plain

何でも完璧にこなせるけど真面目すぎる彩乃と不器用だけど直向で引力という名の魅力をもったひかりが、自分の欠点を認め合ってお互いに成長していく・・という流れは、配役も含めてとても良かったですねえ。

 

 

でも、、とも思うんです。

これだけの要素が揃っている。実話ベースだから話の筋もしっかりしているし、役者達のアンサンブルも素晴らしい。メインのダンスシーン、各々が本当に頑張ったんだなって伝わってくる。

だからこそ、細かい演出をもっと丁寧にすれば完璧な作品になったんじゃないの?

 

たとえばメンバーが一度バラバラになったあと、ひかりと彩乃が唯の元をたずね、3人で踊りはじめるというシーン。

せっかくの名シーンなのにビルのガラスの関係で広瀬すずが見切れちゃってますから。なんであんな雑な演出すんの。そしてなぜあのカットを採用するの。

それと最後の舞台の直前の円陣。グルっと舞台裏を映すショットがありますけど、用具係?計算された人なのかたまたまなのか知らないけれど、一瞬おじさんがチラッと映るの気になるわ!

さすがに柳ゆり菜の高校生はコスプレにしか見えないだろとか、まあ突っ込みだしたらキリがないのも事実ですよ。

 

でもね、最後のひかりの「見えちゃった・・」とメンバー達が最高の笑顔でこちら側に駆けてくるシーンはほんとに素晴らしい。これはもう大きなスクリーンで見るからこその感動だと思います。

 

色々と言いたい事はありますけど、見終わる頃には「もっと彼女たちの活躍を見ていたい!」なにより「みんな幸せになってほしい!」とすっかり虜でしたよ。私もこういう青春時代を送りたかったなーと、輝いている彼女たちがとても羨ましく思えました。一心不乱に何かに打ち込んだ経験というのは別の道を歩んだとしても決して無駄にはならないと思うので、元ネタである福井商業高校JETSの皆さんに敬意を表しつつ、皆さんのこれからの一層の活躍と幸せを祈って締めくくりにしたいと思います(って挨拶かし!)

 

 

 

オシマイ